歯周病をきっかけとして歯を失うことにもつながります

未分類 コメントは受け付けていません

歯をみがくやり方に自信はあります?歯磨きは、これから言う3つのポイントに注意する必要があるそうです。

最初に、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎のつなぎめや、歯と歯の間に確実に当て、きちんとブラッシングをして食べ残しを除去することが大事です。

次に、歯ブラシを支える手に力が入りすぎてはマイナスなので100g~160gほどの軽いエネルギーで歯ブラシの毛先が広がらないくらいにしてください。

3つ目は歯ブラシを小刻みに振動させ、歯を1つずつきちんと磨くことです。

歯磨きの必要性はたくさん存在しますが、一番の理由は食べかすを口内から除去することで、これができませんと口腔疾患の一因となり、80歳で20本以上の歯を残すことは不可能です。

歯石は水に溶けにくく、粘着性があるので洗口だけでは取り除くことが不可能ですので、ブラッシングがどれだけ正しく出来ているかが決め手になるらしいです。

歯周病と糖尿病は素人目には何のつながりもないように見えますが、両者はとてもつながりが深いのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に容易に感染するようになり、その結果として歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿病の患者は唾液が減るので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと想像できます。
赤ちゃんの歯磨きで詳しいサイトはこちら

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚症状がありませんので、まさか自分が糖尿病だと自覚していない患者が多数なのですが、歯科での検診がきっかけで血糖値が高いことに知ることができるのです。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の健康は全身の状態に直結しているという考え方もあるので、歯磨きは時間をかけて行うようにしましょう。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば何のつながりもないように見えますが、両者はとてもつながりが高いのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌にたやすく感染し、その結果、歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌が不足するので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと予想されます。

作成者

ページトップへ戻る