歯ブラシには1本1本に費用をかけるのではなく

未分類 コメントは受け付けていません

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きが全てになりますので、歯医者さんに正しいブラッシングなどを指導してもらい、絶対にかかる前に予防するよう意識すべきです。

歯みがきのやり方に自信はあります?歯磨きは、これから言う3つのポイントに気をつける必要があるそうです。

1つ目として、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境目や、歯と歯のスキマに確実に当て、確実に掃除して食べかすを掻き出すことが必要です。

2つ目に、歯ブラシを支える手に力を入れすぎてはダメなので、120g~180gくらいのわずかな力で歯ブラシの毛先が広がらないくらいにしましょう。

3つ目は歯ブラシをわずかに振動させ、歯を1つずつ磨き残しなく磨くことなのです。

歯を磨く必要性はたくさん存在しますが、最も肝心なのは歯垢を口腔から除去することで、これが出来ないと虫歯の原因となって、90歳で18本以上の歯を維持するのは無理です。

歯垢は水に溶けず、粘着力があるのでうがいだけでは取り除くことができませんので、歯間ブラシがどれだけ正しく行われているかが決め手になるらしいです。

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯茎に炎症が生じ、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病がもとで歯がなくなることもあります。

大人の口内には200種類~400種類の細菌が棲みついているのですが、これらの細菌が固まって歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも色々有り、歯ぎしり、食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は時代の進化とともにできるようになってきましたが、いずれにしてもまだ完治とはいかないので、基本的には正しい知識をもって予防することが大事です。

そのため、虫歯も歯周病も、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者でブラッシングを教えてもらい、可能な限りかかる前に予防するよう努めましょう。

歯周病と糖尿病は素人が見れば全く別々の病気でしかありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

糖尿病になると体の抵抗力が落ちますので、歯周組織が口の中にいる細菌に容易に感染するようになり、その結果として歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿の人は唾液が普通の人よりも少ないので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、虫歯になりやすいというわけです。
シアーミュージック 口コミ

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと考えられているのです。

作成者

ページトップへ戻る